しろしょうゆを使い「茶わん蒸し」
■材料(4人分)
 卵…3個、だし…3カップ、エビ…小4尾、
 鶏ささ身…100g、 三つ葉…7〜8本、
 生しいたけ…4枚
■作り方
1)エビは殻と背わたを取り、ひと口大にそぎ、少量の酒につけておく。鶏ささ身も筋を取ってそぎ、酒につける。生しいたけは軸を取り、斜め3つぐらいに切っておく。
2)卵汁を作る。だし汁に“しろしょうゆ”大さじ3、砂糖小さじ2を合わせて煮立て、さめてから、ときほぐした卵に少しずつ加えてまぜこしておく。
3)茶わん蒸しの器にエビ、鶏ささ身、生しいたけを入れ、卵汁を注ぎ分ける。上に2cm長さぐらいにざく切りした三つ葉を加え、ゆげのあがっている蒸し器に並べて、弱火で20〜30分間蒸す。

しろしょうゆを使うことで卵汁の色がにごらずに卵独特の黄色がきれいにでる。

たまりしょうゆを使い「牛肉のニンニクしょうゆ焼き」
■材料(4人分)
 牛肉(バター焼き用)…400g、
 たまりしょうゆ…大さじ3
 みりん…大さじ1.5、
 ニンニク…ひとかけ(おろしておく)
 アスパラガス…8本、ゴマ…少し
■作り方
1)牛肉は、“たまり(またはこいくち)しょうゆ ”、みりん、おろしニンニクを合わせた中に30分ほどつけ込む。
2)アスパラは塩ゆでし、食べやすく切っておく。サラダ油大さじ1〜2をフライパンに熱して、少し焦げ目がつくぐらいに牛肉の両面 を焼く。
3)器に盛ってアスパラを添え、いった白ゴマと黒ゴマをふりかけて、食卓へ。

たまりしょうゆは独特の香味があり、濃厚なためつけたり焼くなどの加工用にぴったりです。

うすくちしょうゆを使い「ふくさ煮」
■材料(4人分)
 油揚げ…6枚、とうふ…1丁、ゴボウ…1/2本、
 人参…小1本 、ヒジキ…10g、
 卵…2個、鶏ひき肉…100g
■作り方
1)油揚げは熱湯で油抜きし、短い方を切って、袋に開く。
2)とうふもゆでて軽く重石をし、水を切る。人参、ゴボウは5mm角に切り、ヒジキは水でもどす。ゴボウは切ったらすぐ水にさらす。
3)なべにゴマ油大さじ1を熱して鶏ひき肉を炒め、人参、ゴボウ、ヒジキを加えて炒め、砂糖大さじ1、塩小さじ1/4をいれ、とうふを加えてまぜる。
4)さらに卵1個(割りほぐしたもの)を流し入れ、いっしょに煎りまぜて火を止め、もう1個の卵を加えてまぜる。
5)具がさめたら、油揚げの袋に入れ、端をツマヨウジでとめ、なべに並べる。
6)なべに、だし3カップ、砂糖大さじ2.5、“うすくちしょうゆ”大さじ1.5を加え、汁がなくなるまで、コトコト煮る。
 
7)さめてから半分くらいに切って器に盛りつけ、絹さやをあしらう。

うすくちしょうゆを使うことで油揚げが色よく仕上がる。油揚げの枚数は大きさにもよるので注意。

(資料:海老根英雄・千葉秀雄共著 味噌・醤油入門より)