ご飯、冷奴にかけてもおいしい

山形の内陸地方で受け継がれてきた、夏野菜たっぷりの家庭料理。きゅうり、茄子、茗荷、シソなどをこまかく刻んで旨のきいた醤油をかけて食します。暑さの中でも食がすすむ一品として、夏の食卓を彩ります。



  c 
■材料(4人前目安)
きゅうり 2本
茄子 2本
みょうが 4個
しそ 5枚
しょうが 少々
昆布 適量
ヤマイチのつゆ 大さじ2
醤油(味の司、上等) 大さじ1
つゆ・醤油のかわりに
「うまみしょうゆ」 を使って
大さじ3

他におくらや大根、ねぎ、とうもろこし、白菜、枝豆などをお好みで。はなカツオやゴマ、七味唐辛子を加えても。
■作り方
1)きゅうりと茄子は、5mm角ぐらいに刻みます。
2)みょうがは輪切りにし、しそは千切りにします。
3)しょうがはみじん切り、昆布は細かく刻みます。
4)ボールに1〜3を混ぜ合わせ、「つゆ」と「醤油」を加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。
 (つゆと醤油を混ぜずに、うまみしょうゆをそのまま使ってもおいしく召し上がれます。)